猫の抜け毛について~病気と対処~

猫は季節の代わりが特に抜け毛がひどくなります。

特に春 秋です。

もう9月なので、夏の毛が冬の毛と変わっていくころでしょう!
少し撫でただけで、毛が舞ってしまうのでは?

この時期だけでもブラッシングしてあげましょう!グルーミングの際に毛を多く飲み込み胃に溜まってしまうので。

また、「こんなに抜けるものなの?」と思うほど抜ける場合は、病気の危険性があるかもしれません。

抜け毛から考えられる病気

  1. ストレスによる 脱毛
  2. アレルギー性皮膚炎
  3. ノミによる皮膚炎
  4. ビタミン不足による欠乏症

です。

ストレスが原因の場合は、その原因を探ってあげる事。
猫は頭が良く、女性的な性格が多いため、嫉妬をします、新しい猫ちゃんがきて環境が変わった。
など、些細な環境の変化にも敏感です。
また、人間同士の喧嘩も嫌いで、大きな声で言い合いしているとストレスになってします。(特に怒鳴り声)

こうしたストレスはグルーミングで解消します。異常にグルーミングをしすぎて毛が抜けている場合は要注意です。

ノミが原因

ノミが酷い場合病院でノミ取り用の薬をつけてもらいましょう。
ノミは脅威の繁殖力でノミ取りブラシだと除去が追いつかない場合があります。

特に6月はありえないスピードで繁殖するので、外に出ている猫ちゃんは気をつけて下さい。

猫の体を隅々まで綺麗にしたのに、ノミが酷い場合。家のカーペットで繁殖しているのかもしれません。
こまめに掃除機をかけて下さい。

※バルサンやダニアースを使う場合は、絶対に猫ちゃんを部屋の中に入れないで下さい。

自宅で対処する場合お勧めのノミ取り薬を紹介します。
薬用ペッツテクト

猫用 フロントラインプラス

どちらも、首元にたらすタイプです。市販の薬にしては結構効き目があると思います。

食べ物が原因の場合

同じ物を食べるとビタミン不足になりがち、ホルモン系の異常が原因が考えられます。

最近ではビタミンが入っている餌などもあるので、バランス良く与えてください。

余談ですが、何故こんなに食事の管理が難しくなttあかというと、昔の猫はネズミを丸ごと食べていたのですが、
丸ごと食べると、必要なビタミンや栄養素が摂取できたのです。

現代では市販のお肉やお魚は部分でしか売られていないので、栄養が偏ってしまうのです。

しかし、いまどきネズミを一匹あげるわけにはいかないですよね。笑

 

長毛種の猫ちゃん用の抜け毛対策ブラシはこちら↓
ファーミネーター 長毛種用 (S 小型猫)



TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED