猫飼う!と思っている人の情報サイト

~楽しい猫との暮らしへ~

与えてはいけない食べ物

猫に与えてはいけない食べ物をご紹介していきます。

猫画像

  • たまねぎ(犬と同じで、ネギ類は危険です!猫の血液中の赤血球を溶かす酵素に変化します。)
  • スルメ(猫自身は食べたがるケースが多く、あまり危険なイメージは無いと思いますが、実はお腹で10倍にもふやけてます。胃拡張となってしまう危険性も。消化にも悪いです。)
  • 生の牛肉(寄生虫が含んでる可能性があります)
  • 生の鶏肉(サルモネラ菌がいる場合があります)
  • 生の豚肉(トキソプラズマ原虫がいる場合があります)
  • タコ・イカ(消化不良をおこしやすい。)
  • 加工食品(スルメやソーセージなど、加工食品は、塩分や香辛料が多く使われていて、腎臓や心臓、胃腸の負担になります。)
  • 生卵(栄養障害をおこす可能性があります、加熱すれば大丈夫です)
  • チョコレート、ココア、(中毒性があります。また、心臓血管や中枢神経に作用する物質が含まれています。下痢・嘔吐や死ぬこともあるのでかなり注意を要します。嗜好性も高いので注意して下さい)
  • ナッツ類(中毒があり、油分も高いので消化不良になる可能性があります。)
  • パン(イースト菌が消化管で膨らみガスを発生させます)
  • お酒(昏睡・死にいたる危険性もあります)
  • 人間用加工食品(コンビーフやマグロの缶詰は人間用に味付けが濃くされていますので、腎臓や心臓、胃腸の負担になります。)
  • チョコレート(デオブロミンが中枢神経を刺激する毒素となる。心臓の負担になります)
  • アボカド(ペルジンが犬や猫には毒になります。 ペルジンは果実だけではなく、葉、種子、樹皮にも含まれています。)

食べ物画像
※上記以外でも与えてはいけない食べ物もありますので、記載してないからといって人間の食べ物をむやみに与えない事が大切です。

いかがでしたか?
いかに人間の胃袋、体のしくみがたくましいと思いませんでしたか?笑
同じ生き物でも体の作りから、しくみまで全然違うのです。
チョコレートやコーヒーは人間にとってみれば体に良い食べ物とされていますが、
動物にとっては死にもいたるような危険な食べ物だったりするんですね。
良かれと思っていたことも、実は危険だったり、、、、、。
じゃあ逆に「どうゆう食べ物がいいの」?
と思う方はコチラをクリック>>

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 与えてはいけない食べ物
はてなブックマーク - 与えてはいけない食べ物
[`evernote` not found]

TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED