暴力猫って何かにゃん?

ペットと暮らせるお部屋探し!

この言葉を聞いて、
うん?と思った方は沢山居ると思います。

家庭内暴力猫とは

人間に攻撃したり、
傷跡が残るほどひっかいたり、蹴ったりする猫ちゃんの事です。

何故?そんな暴力的な猫になってしまったの?
昔は可愛かったのに、、、。

猫が暴力的になってしまうのは、感情豊かで、デリケートな心をもっているからです。

猫との距離はいつも等距離である事が大切。
例えば、
子猫が我が家にやってきた!
かわいー!抱っこして、ご飯たべて、遊んで、撫でて、撫でて。
猫可愛がりしてしまう。
けれども次第に撫でたり、声をかける回数が減る事だってある。

もちろん、猫自身も大人になるにつれ、行動範囲は増えるし、単独行動だってする。
1人にしてほしい時だってあります。

しかし、子猫のうちに過度に可愛がったり。
あるいは猫自身が自立していない子にとって、
撫でる回数減った。
いつもより冷たい、、、。
といった変化。
飼い主の心が離れていくのはとても悲しい事です。
かなりのストレスを感じてしまいます。
家出する場合もあります。

こういったストレスにより、暴力的になったり、攻撃したりするんです。

甘やかすなら最後まで甘やかす事。
けれども、旅行にいったり、どうしても猫を預けなければならない場合。
ペットホテルに預ける場合もおこるわけです。
盲目的に愛情を注ぎつづけるのが良いとは言い切れません。

猫との幸せな関係を結ぶのは、いつも同じ距離で接する、大人の関係が望ましいでしょう。
猫ちゃんの好きな音楽 〜ストレス解消のためのミュージック・ビタミン



TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED