猫の美と健康のために!爪切り習慣

ペットと暮らせるお部屋探し!

爪とぎだけだはどうしても伸びすぎてしまう猫の爪。

 

猫にとって爪は、オス同士の喧嘩や木登りなどで使います。
外に出している猫ちゃんにとって爪は必要不可欠。

伸びた爪は自身で爪とぎをし処理しますが、年をとった猫や爪とぎをあまりしない猫。
家で飼っていて外に出さない猫ちゃんには、こまめに爪をケアしてあげましょう。

猫でもボケがあるので、年老いた猫はたまに爪とぎ習慣を忘れてしまうます。
伸びすぎた爪は飼い主を傷つけるだけではなく、猫ちゃん自身を傷つけてしまう恐れがあります。

爪のの伸びすぎここが危険!

  • 劣化した爪が折れたり、割れたりした、肉球に刺さってしまい、化膿してしまう恐れあり。
  • 毛づくろいの最中に自身の身を傷つけてします。
  • 飼い主が怪我しやすくなってしまう。(ひざの上に乗せている状態でも、爪が食い込んでしまったり、、、)

爪ケアの仕方

前足は2週間に1回のペース
後ろ足は3~4週間に1回のペースで猫の爪ケアが望ましいです。

前足を軽く握ると、するどい爪がニュっと出てきます。その先の透き通った部分を1mm~2mm、
猫用爪切りでCUT!

根元のピンク色の部分には血管が通っていますので、CUTしないように注意しましょう。

猫爪切りのやり方



TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED