猫の子宮蓄膿症について。

人気ペット食事療法食、医薬品通販サイト

オス猫には子宮蓄膿症になる心配はりません。笑

メス猫に関しては、子宮内に細菌が入り化膿して膿がたまってしまう病気があります。

この病気の原因は発情期に女性ホルモンが子宮壁を増殖し、交尾後に黄体ホルモンが作用し、子宮内に入り込んでしまう。

子供が欲しくない場合や望まない妊娠で外に出すとこういったリスクもある。

発情期はなるべく外に出さない方が良い場合があります。

 

うちの子もしかしたら子宮蓄膿症?

病状は赤っぽいオリモノから黄白のオリモノが出ていて、過剰にお尻を舐めたりしている。

また、元気がなくなり食欲も減り、発熱した場合はお医者さんに見てもらいましょう。

 

人気ペット食事療法食、医薬品通販サイト



TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED